金沢市とフランスの障害者スポーツ連盟は十八日、東京パラリンピックに向けて市内で水泳競技の事前合宿を実施する協定を締結した。合宿中や大会後に相互交流を続けることなどを取り決め、合宿は金沢プール(磯部町)で八月中旬から下旬に実施できるよう調整している。(堀井聡子)

 市役所で締結式があり、連盟のギスレーヌ・ウエストランク会長の署名が入った協定書に、山野之義市長が署名した。

 会長の代理で出席した連盟の水泳担当ディレクターのサミ・エルゲダリさんは「選手が一流のプールで合宿できてうれしい。練習公開にも積極的に取り組み、障害があってもスポーツができることを分かってもらいた...    
<記事全文を読む>