とやま・なんと国体第3日は18日、富山県南砺市たいらほかで行われ、アルペン大回転で、全国高校大会を2連覇した少年女子の広田静空(しずく)(旭明成高)が1分4秒30で2位に入った。成年男子Cの武田竜(千歳・ブレイン)、成年女子Bの上田皐(旭川ダイヤモンドダストク)はともに3位。

 距離は少年女子5キロクラシカルで栃谷和(のどか)、妹天寧(たかね)(ともに、おといねっぷ高)の姉妹がそれぞれ3位と4位。複合の少年男子では千葉悠希(下川商高)、弟大輝(札日大高)の兄弟が3位と4位で続いた。

...    
<記事全文を読む>