ホッケーの日本リーグ2019年シーズンの年間表彰式が17日、都内で行われ、女子の最優秀選手賞(MVP)にFW清水美並(ソニーHC)が選ばれた。清水は初の受賞。

 清水は持ち味のドリブルを生かして、得点やゴール前でのチャンスを幾度となく演出、史上初の5連覇に大きく貢献した。清水は「(受賞は)チームのみんなや応援してくれた人たちのおかげ。しっかりと自分を磨いて、さらにレベルアップできるように頑張る」と喜びを語った。

 女子のソニーHC勢からは、社会人ベストイレブンに清水のほか、社会人得点王に輝いたFB小川里佳や、FW永井友理、MF永井葉月ら計6人が名を連ねた。大学ベ...    
<記事全文を読む>