一九九八年の長野五輪で日本が金メダルに輝いたスキージャンプ団体で、テストジャンパーを務めた西方仁也さん(51)=野沢温泉村出身=らの奮闘をテーマにした映画の撮影が一~二月、舞台となった白馬村の白馬ジャンプ競技場であった。西方さんを演じるのは人気俳優田中圭さん(35)。「競技を支える裏方の人たちにもドラマがあると知ってもらえたら」と話した。

 作品は「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」。実話に基づき、西方さんらテストジャンパー二十五人と原田雅彦さんら代表選手の人間模様を描く。白馬での撮影は一月下旬から今月中旬まであり、地元住民を含め延べ二千五百人以上がエキストラを務めた。<...    
<記事全文を読む>