スキーのとやま・なんと国体第2日は17日、富山県南砺市たいらほかで競技が始まった。富山市立山シャンツェ(ヒルサイズ=HS83メートル)で行われたジャンプは、成年男子Bで渡部弘晃(東京美装)が1回目3位から逆転で優勝。少年男子は全国高校大会を制した二階堂蓮(下川商高)、成年男子Aは岩佐勇研(東京美装)が勝った。北海道勢のジャンプ全種目制覇は、2013年のあきた鹿角国体以来7年ぶり。

 距離は成年男子B10キロクラシカルで、吉田悠真(JR北海道)が30分22秒1で4位。

...    
<記事全文を読む>