跳び上がって喜ぶ相手選手の姿が事の重大さを物語っていた。トヨタ紡織九州レッドトルネードは前週に初勝利を挙げたばかりの最下位・ゴールデンウルヴス福岡に2点差で敗戦。金明恵(キム・ミョンヘ)監督は「攻守ともに受け身になり、全てがかみ合わなかった」と言葉少なだった。

 トヨタ紡織九州は今季、ゴールデンウルヴス福岡に2戦2勝し、いずれも失点を10点台に抑えていた。ただ、この日は序盤から守備の精彩を欠き、最後まで立て直すことができなかった。

 寄せが甘く、ノーマークのシュートを何本も与え、岩下祐太、小峰大知(佐賀清和高出身)の両GKの読みを助ける組織的な守備が機能不全に。...    
<記事全文を読む>