卓球のTリーグは15日、岡山市の岡山武道館などで行われ、男子で4位が確定している岡山リベッツは3位琉球に3―1で快勝した。3試合ぶりの白星で通算6勝14敗(勝ち点23)。16日は同武道館で今季最終戦に臨み、東京と対戦する。

 リベッツは初コンビとなる町と三部のダブルスがストレート勝ちすると、シングルスで吉村和がカットマンの朱世赫(韓国)に3―1で勝って優位に進めた。続く吉田は吉村真に0―2と追い込まれながら、果敢に攻めて3ゲームを連取する大逆転でチームに勝利をもたらした。第4試合は町が荘智淵(台湾)に競り負けた。

 首位東京は2位彩たまを3―...    
<記事全文を読む>