日本ハンドボールリーグ女子の飛騨高山ブラックブルズ岐阜は十五日、高山市中山町の飛騨高山ビッグアリーナで、プレステージ・インターナショナル・アランマーレ(富山県射水市)に15-23で敗れ、五連敗となった。

 前半、ブルズは果敢にシュートを狙うものの、ミスを連発し、なかなか得点につながらず。ディフェンスが崩れて失点を許す場面もあり、8-16で前半を終えた。後半は、ポストの佐伯綾香選手が三連続得点を挙げるなど巻き返しを図ったが、前半の大差が響いた。

 本拠地二連戦の初戦。主力の和田育子主将と宮崎亜紀穂選手のけがに続き、この日は試合中に佐藤茜選手も右膝を負傷した。和田主...    
<記事全文を読む>