フィギュアスケート・アイスダンスの2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪代表、村元哉中(26)=神戸市東灘区出身=の“第2章”が幕を開けた。バンクーバー五輪男子銅メダリストの高橋大輔(33)と新たなペアを結成し、22年の北京五輪を目指す。平昌五輪後、一度は現役引退も覚悟したという村元。日本フィギュア界のスターと手を携え、再び銀盤に向かう。(山本哲志)

 世間を驚かせた高橋のアイスダンス転向は、村元の意を決したオファーが始まりだった。

 18年夏、ともに五輪に出場したクリス・リードとペアを解消後、ダンス留学などをしながらパートナーを探したが...    
<記事全文を読む>