アイスホッケーアジアリーグは13日、韓国で1試合を行い、4位のデミョン(韓国)が4-1で首位サハリン(ロシア)を下して勝ち点を47に伸ばしたため、HC栃木日光アイスバックスのプレーオフ(PO)進出の可能性が消滅した。バックスがPO進出を逃すのは2季連続。

 勝ち点36で6位のバックスは、残り3試合全てで60分勝ちを収めても勝ち点45で、デミョンに届かない。

 バックスは14日午後6時半から、日光霧降アイスアリーナで東北と対戦する。

...    
<記事全文を読む>