世界ボクシング評議会(WBC)のフライ級元王者の比嘉大吾(白井具志堅スポーツ)は13日、東京都の後楽園ホールで1年10カ月ぶりの復帰戦を行った。ノンタイトルの8回戦、119ポンド(約53・97キロ)契約でフィリピン・バンタム級11位のジェイソン・ブエナオブラと対戦し6回2分25秒でTKO勝ちした。比嘉の業績は17戦16勝(16KO)1敗。

 比嘉は2018年4月の3度目の防衛戦を前に、計量失敗で王座を剥奪され、さらにプロ初の黒星を喫した。その後、日本ボクシングコミッション(JBC)からライセンスの無期限停止処分を受けたが、19年10月に解除された。活動再開後はJBCの階級変...    
<記事全文を読む>