残り2分を切って1点差。トヨタ紡織九州レッドトルネードの田中大介は1人少ない状態で守る相手の弱点を突いて、右サイドの荒川蔵人に鋭いパスを出した。主将の荒川は「自分の100%の力を出し切るだけ」と力強いシュートでネットを揺らし、4試合ぶりの白星を決定づけた。

 相手は今季2戦2勝と好相性の9位琉球コラソン。この日もトヨタ紡織九州が主導権を握ると予想されたが、思わぬアクシデントに苦しんだ。守備の中央を担う酒井翔一朗が前半のうちに負傷交代。荒川は「こういう時にしっかりカバーできれば、(チームとして)レベルアップできる」と仲間を鼓舞した。

 4点リードで迎えた後半は相手...    
<記事全文を読む>