柔道の兵庫グランプリ(神戸新聞社後援)は11日、兵庫県姫路市のウインク武道館で世代別に5部門が行われ、男子実力最上位の兵庫県選手権は日本製鉄勢が決勝で対決し、ルーキーの田中源大が小川竜昂(姫路市立灘中出身)に延長の末に優勢勝ちし、初優勝を飾った。

 県女子選手権の決勝も延長になり、夙川高2年の桑形萌花が前回覇者の荒木穂乃佳(兵庫県警)に反則勝ちし、初制覇した。男女の各上位8人は近畿選手権(3月1日・和歌山ビッグウエーブ)に出場する。

 男子で争う県高校選手権は片山凪(報徳)、県中学選手権は福村飛翔(南淡)がそれぞれ初の頂点に立った。団体5人制の県少年大会は広畑柔...    
<記事全文を読む>