東京五輪代表最終選考会を兼ねるワールドカップ(W杯)東京大会(4月)の代表選考会最終日は9日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子高飛び込み決勝で13歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が458・05点で1位となり、W杯出場を確実にした。西田玲雄(近大)が2位。

 女子3メートル板飛び込み決勝は東京五輪代表の三上紗也可(米子ク)が320・50点で1位となった。榎本遼香(栃木ク)が2位。金戸凜(りん=セントラルスポーツ)は4位でW杯出場が厳しくなり、五輪出場は絶望的となった。

◆けが響いた金戸凜 五輪厳しく悔し涙

 飛び込みで...    
<記事全文を読む>