飛び込みの東京五輪最終予選を兼ねるワールドカップ(W杯=4月・東京)の代表選考会最終日は9日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子高飛び込みは宝塚市立高司中1年で13歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が458・05点で1位となり、2位の西田玲雄(近大)とともに派遣参考基準を突破してW杯代表を確実にした。

 新星が東京五輪へ着実に歩を進めた。終盤まで競り合った男子高飛び込みは、13歳の玉井が1位でW杯代表切符を確実にした。「ひやひやした場面もあったけど最後に決められてうれしい」と初々しい笑顔をみせた。

 決勝の2本目。準決勝で失敗した後ろ宙返り3回半抱え型(207C)でまたも...    
<記事全文を読む>