【ソウル=共同】四大陸選手権最終日は9日、当地で行われ、男子は羽生結弦(ANA)が7日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の187・60点をマークし、合計299・42点で初優勝した。男子で初めてジュニア、シニアの主要国際大会全制覇を達成した。

 羽生は3種類計4度の4回転ジャンプに挑んでサルコーを成功させたが、冒頭のルッツと3連続技のトーループで着氷が乱れ、単発のトーループでは回転不足となって転倒した。

 ジェーソン・ブラウン(米国)が合計274・82点で2位。冬季ユース五輪覇者で16歳の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が270・61点で3位に入り...    
<記事全文を読む>