競泳男子200メートル平泳ぎの前世界記録保持者、渡辺一平(トヨタ自動車)=大分県津久見市出身=は9日、山口市の山口きらら博記念公園水泳プールで行われたきららカップに出場し、男子100メートル平泳ぎは1分0秒41で3位だった。

 約2時間前に男子200メートル個人メドレーで優勝したばかりで、100メートル平泳ぎ決勝はこの日4レース目だった。1月下旬の北島康介杯よりストローク数を減らし、持ち味の大きな泳ぎを意識。優勝した五輪代表を争う小日向一輝(セントラルスポーツ)や2位の小関也朱篤(ミキハウス)にタッチの差で敗れたものの「疲れはあったけど、いいレースができた」とうなずく。代表...    
<記事全文を読む>