自転車ロードレースの宇都宮ブリッツェンは、七日から始まる国際自転車競技連合(UCI)公認の国際レース「ツール・ド・ランカウイ」に出場するため、三日からマレーシアに滞在している。

 同大会はツール・ド・フランスに代表されるトップカテゴリーのUCIワールドツアーに次ぐ、UCIプロシリーズにランクされるレース。十月に宇都宮市で開催されるジャパンカップも含め、アジアでは六つしかないレベルの高いレースだ。

 レースは八日間八ステージ、総走行距離は一一四五・九キロ。今年はボルネオ島のクチンで第一ステージを走った後に半島マレーシアに移動。第二から第七ステージを経て、最終の第八...    
<記事全文を読む>