日本体操協会は8日、体操女子で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪の日本代表の寺本明日香(ミキハウス)が左アキレス腱(けん)を断裂し、7日に東京都内の病院で手術を受けたと発表した。

 6日に東京で行われた協会の女子強化合宿で床運動の練習中に左足を痛め、病院で診察を受けていた。

 体操女子は、東京五輪の団体出場権を獲得しており、4月の全日本選手権から代表選考が本格化する。一般的に、回復には数カ月を要するため、寺本が代表争いに間に合うかは不透明な状況となった。

...    
<記事全文を読む>