カーリングの第37回日本選手権は9日、北佐久郡軽井沢町の軽井沢アイスパークで開幕し、8日間の日程で行われる。8日は公式練習と各チームのスキップによる記者会見が行われ、女子で2連覇を目指す中部電力の中嶋は「五輪出場にもつながる大事な大会。少しプレッシャーもあるが、地元の応援を力に楽しんで、全力でプレーしたい」と意気込みを語った。

 昨年5月に結成した男子のTM軽井沢の両角友は「順調に仕上がっている。今から試合をするのがとても楽しみ」。新体制となってから初出場となるSC軽井沢クラブの山口は「五輪という目標に近づけるように一歩ずつやっていきたい」と話した。

 女子で平...    
<記事全文を読む>