4年前のリオデジャネイロ五輪で正式種目に採用された7人制ラグビー。パナソニックワイルドナイツのWTB藤田慶和は前回、バックアップメンバーとしてブラジル入りし、日本の4位をピッチ外で見届けた。「本音では入賞も正直うれしくなかった」。東京五輪ではリーダー陣の一人として日の丸を背負い、日本をメダルに導く決意だ。

 リオ五輪開幕の1カ月前の2016年6月。7人制代表選手団として都内で会見に臨んだ14人のうち、3人がバックアップメンバーに。その一人が藤田だった。「絶対に(五輪に)出られると思っていた」。15人制で年代別代表を経験し、15年ワールドカップ(W杯)にも出たエリー...    
<記事全文を読む>