フィギュアスケートの四大陸選手権は女子フリーが8日、ソウルで行われ、6日のショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(関大KFSC、西宮市出身)、4位の坂本花織(シスメックス、神院大)、5位の樋口新葉(明大)が2022年北京冬季五輪も見据え、大技に挑戦することを検討している。7日に練習リンクで調整し、それぞれが武器にしたい技の出来を確かめた。

 「できるだけ4回転も入れていきたい」と語る紀平は曲をかけた際に実戦で成功のない4回転サルコーを跳んで回転が抜けたが、浜田美栄コーチが「2年後の五輪では絶対にいる。今からやっていかないといけない」と後押しする。坂本は「入れたい気持ちは1...    
<記事全文を読む>