兵庫県教育委員会は6日、2019年度の県スポーツ優秀選手賞の受賞者372人を発表した。国際大会で3位以内に入った選手と全国大会優勝者に金メダル、国際大会4~8位入賞者と全国大会準優勝者には銀メダルがそれぞれ贈られる。内訳は金238人、銀134人。

 金メダル団体には、サッカー天皇杯全日本選手権でクラブ史上初のタイトルを獲得したヴィッセル神戸などが名を連ね、同個人には中学1年で日本選手権男子高飛び込みを制した玉井陸斗(宝塚市立高司中)、体操のユニバーシアード大会女子種目別ゆか準優勝の杉原愛子(武庫川女大)ら、今夏の東京五輪出場を目指す有力選手が並んだ。

 表彰式は...    
<記事全文を読む>