兵庫県体育協会は6日、2019年度県体協表彰の受賞者247人を発表した。国際大会出場者(県スポーツ優秀選手賞の受賞者を除く)や国民体育大会、主要マスターズ大会で活躍した選手、全国大会で実績を残した指導者、体育振興に尽力した競技団体役員らが選ばれた。

 優秀選手賞には、ゴルフのアジアパシフィック女子アマチュア選手権を制した安田祐香(大手前大)や陸上の世界選手権女子マラソンに出場した中野円花(ノーリツ)らが選出された。

 表彰式は13日、県スポーツ優秀選手賞とともに神戸常盤アリーナで行われる。(山本哲志)

 【優秀選手賞】〈国際大会出場〉田村朋也、堀井浩...    
<記事全文を読む>