秋田市は6日、八橋球技場の4月以降の命名権(ネーミングライツ)について、秋田銀行と再契約すると発表した。2014年9月から約5年半にわたり親しまれている現在の愛称「あきぎんスタジアム」が継続する。

 契約期間は23年3月末までで、契約金額は年間220万円(税込み)。1月17日から今月5日まで公募したところ、応募があったのは秋田銀の1社のみだった。

...    
<記事全文を読む>