障害者ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)は4日、ドイツのフィンステラウで男女バイアスロンのスプリントが行われ、女子立位(7・5キロ)の出来島桃子(新発田市役所)は8位だった。

 出来島は「風の影響をあまり受けない場所で撃てたので練習通りの射撃ができた。この後クロスカントリーのレースになるので、今のベストの滑りができるよう頑張りたい」とコメントした。

...    
<記事全文を読む>