金沢市米泉小を練習場とするスポーツチャンバラ愛好者グループ「いしかわスポチャンクラブ勇剣館(ゆうけんかん)」に、国際大会3位の実力を持つ剣客が現れた。週に1回、市内の愛好者と一緒に練習している。現在県内の競技人口は約120人にとどまっており、勇剣館は若い世代への競技普及の起爆剤として期待している。
 高校時代に第10回アジア・オセアニア大会「長剣の部」で銅メダルを獲得した金沢工大1年、福田慶次郎さん(19)=栃木県出身=で、昨年11月から世界大会制覇を目指して勇剣館で剣を振るっている。
 館長の小野秀徳さん(40)は「打ち込みのタイミングは既に道場でナンバーワン」と...    
<記事全文を読む>