将来の日本代表と呼び声の高い22歳の早大SH斎藤が、スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズの一員としてデビューした。1日の今季初戦で、ひときわ大きな声援を受けたホープはうわさにたがわぬプレーを披露。「まだまだ高みを目指す」と世界の舞台でアピールを狙う。

 レベルズ(オーストラリア)戦は後半19分から出場。直後にスクラムからのサインプレーで「二つの選択肢」から冷静に見極め、後ろから走り込むSOエイプリルにラストパスを送った。終盤にはピンチで好タックルを見舞い、大久保ヘッドコーチは「もっと舞い上がると思ったが、自分の仕事をしてくれた」とほほ笑んで身長165センチの小...    
<記事全文を読む>