総合物流企業の日本トランスシティ(三重県四日市市)は4日、来年の三重とこわか国体・三重とこわか大会(全国障害者スポーツ大会)の開催に向けて、県に1千万円を寄付した。

県庁で開かれた贈呈式で、安藤仁社長が両大会実行委員会の会長を務める鈴木英敬知事に寄付の目録を手渡した。鈴木知事は寄付に感謝し、安藤社長に感謝状を贈った。

県などは選手の強化費や広報活動費に活用するため、寄付と協賛を募っている。目標は5億円。県国体・全国障害者スポーツ大会局によると、今回を含めて40社・団体から約1億9千万円が寄せられた。

...    
<記事全文を読む>