女王撃破で夢つなぐ!! 柔道女子48キロ級の古賀若菜(福岡・南筑高3年)が東京五輪日本代表を選考する大会の一つ、グランドスラム(GS)パリ大会(8、9日)に派遣される。同大会には世界選手権2連覇中のダリア・ビロディド(ウクライナ)も出場予定。代表争いでは昨年の世界選手権銀メダルの渡名喜風南(パーク24)に差をつけられ、極めて厳しい状況だが、初対決で女王を破って奇跡の逆転代表入りへ望みをつなぐ覚悟だ。

■初対戦へ入念対策

 女王と同じ大会への参戦に古賀のモチベーションは極限まで高まっている。「チャンスを絶対に逃さない。勝って最後の最後まで五輪代表を争いたい」。東京...    
<記事全文を読む>