古賀らGSパリ大会に出場する女子日本代表の一部が4日、羽田空港から現地へ出発した。増地克之監督は成長著しい古賀に言及。「(3位だった)GS大阪で強豪選手と非常にいい闘いをした。楽しみな部分がある」と期待を寄せた。

 女子は古賀と同じ48キロ級のビロディドをはじめ、57キロ級の出口クリスタ(カナダ)、63キロ級のアグベニェヌ(フランス)ら、昨夏の世界選手権を制した選手が計5人エントリー。日本の1番手も苦戦している相手で、増地監督は「五輪でも最大のライバル。ここでの闘いも(選考の)一つのポイントになる」とした。

...    
<記事全文を読む>