2月のGS2大会の結果を受け、全日本柔道連盟は27日に強化委員会を開き、出席者の3分の2以上が各階級の1番手と2番手以降との差が歴然と判断した場合、東京五輪代表が決まる。GSパリ大会は主に各階級の代表争いの2、3番手が派遣され、GSデュッセルドルフ大会(21日開幕)への出場が予想される各階級の1番手に迫るには優勝が不可欠となる。

 女子48キロ級は世界ランキング3位の渡名喜が1番手。リオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美(三井住友海上)が日本人2番手の22位に付けているが、昨年はGSバクー大会とGS大阪大会でメダルを逃して一歩後退した。同28位ながらGS初参戦の大阪大会で銅...    
<記事全文を読む>