大日本プロレスのグレート小鹿会長は4日、北國新聞社を訪れ、4月26日に金沢勤労者プラザで開くチャリティー大会(本社後援)について「社会貢献をしながら試合を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けた。
 収益は小鹿会長が運営するNPO法人を通じて植樹活動などに役立てられる。大日本プロレスが金沢で興行するのは約20年ぶり。野々市市出身のレスラー関札(せきふだ)皓太選手が登場するほか、グレート小鹿会長と大仁田厚選手がタッグを組む。
 大会は午後1時にゴングが鳴る。小中学生は入場無料。森正樹輪島市議、熊野盛夫金沢市議が同行した。

 

...    
<記事全文を読む>