全国中学スケート大会第3日は3日、長野市エムウエーブほかでスピード男女5種目の決勝と、フィギュア男子と女子グループBのショートプログラム(SP)を行った。スピードの男子500メートルは武田京乃(池田)が2回合計タイム1分14秒63の日本中学新記録で初優勝を果たした。女子500メートルは荒木美優(芽室)が2回合計タイム1分22秒94で初制覇した。

 フィギュアの道内勢のSPは、男子で唯一出場した遠藤灯希(札八条)が27位だった。女子は4人出場したが、伊吹有紗(札伏見)の26位が最高位で、上位18人によるフリーに進めなかった。

...    
<記事全文を読む>