ラグビーのトップリーグ(TL)は2日、東京・町田GIONスタジアムなどで第4節残り4試合を行い、本県拠点のパナソニックワイルドナイツはキヤノンと対戦、前半3分のレッドカードで14人となったが51-17で無傷の4連勝を飾った。勝ち点を20に伸ばし、首位を守った。最優秀選手のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に攻守で貢献したパナソニックのCTBディラン・ライリーが選ばれた。次節は15日午後2時から埼玉・熊谷ラグビー場で開幕4連勝の東芝と対戦する。

パナソニック(20) 51(22-10)17 キヤノン(9)
           (29-7)
キヤノ...    
<記事全文を読む>