アメリカンフットボールの日本選手権第七十三回ライスボウルで、四年連続五度目の頂点に輝いた「富士通フロンティアーズ」の優勝祝勝会が一月二十九日、JR川崎駅前の地下街・川崎アゼリアであった。

 チームは、日本社会人選手権「ジャパンエックスボウル」(昨年十二月十六日)でパナソニックインパルスに28対26で勝利し優勝。一月三日のライスボウルで、学生王者の関西学院大学ファイターズを38対14で下し、日本一になった。

 祝勝会で山本洋(よう)ヘッドコーチは「けが人が多く苦しいシーズンだったが、選手やスタッフ、チア、ファンが一丸となって戦い続けたことがリーグ四連覇、そして日本...    
<記事全文を読む>