八戸市など3市町で行われた国体冬季大会スケート・アイスホッケー競技会「氷都新時代!八戸国体」は最終日の2日、スピードスケート競技の成年女子2000メートルリレーで青森県チームが今大会県勢最高の2位に入った。成年女子3000メートルでは澤尻磨里英(八戸学院大)が3位に入り、同1500メートルの3位に続く2度目の表彰台となった。全競技を終えた今大会で県勢に「金」はなく、男女総合成績の天皇杯は5位だった。

...    
<記事全文を読む>