第75回国民体育大会冬季大会のスピードスケート競技は最終日の2日、青森県八戸市のYSアリーナ八戸で各種目の決勝が行われ、少年女子2000メートルリレーで山形中央高(古川幸希、高橋侑花、真野美咲、小坂凛)が連覇を果たした。

 4チームによる決勝で、山中央高はトップを維持したままアンカー小坂にリレー。一時は2番手となったが、スピードに乗った滑りで最後のコーナーを抜けて首位を奪い返し、そのままフィニッシュラインを滑り抜けた。

 本県はスケート競技で過去最多に並ぶ競技得点123点を獲得した。ショートトラック、フィギュア(本県は出場していない)を合わせ...    
<記事全文を読む>