第75回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会最終日は2日、青森県のYSアリーナ八戸などで行われ、スピードスケート成年女子の山根佳子(高鈴レジャーセンター)が昨年に続き、1000メートルを制した。山根は序盤3番手に付けると、残り1周で先頭に立ち、最後は得意のスピードを生かして逃げ切った。「茨城に胸張って伝えられる結果を出せた」と喜んだ。

同3000メートルの富田裕香(大東大)も昨年と同じ4位入賞を果たした。

今大会を終えての本県の天皇杯(男女総合)は20位、皇后杯(女子総合)は16位となった。

▽成年女子10...    
<記事全文を読む>