第75回国体冬季大会スケート、アイスホッケー競技会最終日は2日、青森県八戸市のYSアリーナ八戸などで行われた。県勢はスピードとショートトラックで計7種目を制し、スケート競技の男女総合(天皇杯得点)で5年連続8度目、女子総合(皇后杯得点)で5年連続19度目の優勝を飾った。

 スピードの3000メートルで少年女子は花岡瑚徒(岡谷南高)、成年女子は辻本有沙(電算)がともに大会新で優勝。少年女子1000メートルは宮川鈴佳(長野東高)が勝った。

 ショートトラック成年女子3000メートルリレーは長野が5連覇を達成し、成年男子5000メートルリレーも優勝...    
<記事全文を読む>