青森県八戸市などで開かれている第七十五回国民体育大会冬季大会「氷都新時代!八戸国体」四日目の一日、県勢ではスピードスケート成年女子1500メートルで辻本有沙選手=電算=が大会新記録となる1分57秒91で優勝した。少年女子1500メートルでも福岡歩里選手=東海大諏訪高=が優勝、宮川鈴佳選手=長野東高=が準優勝と活躍した。

 ショートトラックでは成年男子1000メートルで菊池哲平選手=帝産クラブ=が優勝。同女子1000メートルで小池佑奈選手=中京大=が3位になった。

 アイスホッケー成年男子は順位決定戦で青森県に2-4で敗れ5位で大会を終えた。

 <...    
<記事全文を読む>