スケート・アイスホッケーの八戸国体は31日、YSアリーナ八戸ほかで第3日の3競技を行った。スピードは男女5種目の決勝を行い、少年男子1万メートルの蟻戸一永(白樺高)が13分0秒06の大会新記録で優勝。少年女子500メートルは佐々木成果(帯三条高)が制した。

 フィギュアは成年男子のフリーと成年女子のショートプログラム(SP)を行い、成年男子で前日SPで2位の中村優(しゅう)(関大、釧教大付中出)がフリーでも2位に入り、202・99点で準優勝した。

...    
<記事全文を読む>