第75回国体冬季スケート・アイスホッケー競技会「氷都新時代! 八戸国体」第3日は31日、青森県八戸市のYSアリーナ八戸ほかで各競技を行い、県勢はスピードスケート成年男子500メートルA決勝で川目拓磨(かわめたくま)(県体協)が35秒73で初優勝した。

 アイスホッケー成年は準々決勝で青森に4-3で競り勝ち、4年ぶりの4強入り。2-2で迎えた第3ピリオド7分23秒に勝ち越しゴールを許したが、9分22秒にFW宮本明朗(みやもとあきら)(中大)、12分37秒にFW唐津大輔(からつだいすけ)(明大)が連続でゴールを決めて逆転した。日光明峰高単独チームの少年は5位決定トーナメント1回...    
<記事全文を読む>