バドミントンの東京五輪出場枠は世界連盟が発表する4月28日付の世界ランキングに基づいて決まる。ポイント対象となる大会は2019年4月29日から20年4月26日までの国際大会で高ポイントを獲得した10大会の合計で決まり、世界選手権優勝で1万3000点、ワールドツアーで格付けの高い全英オープンなどを制覇すれば1万2000点が得られる。

 各国・地域の出場枠は各種目最大「2」。最大枠を得るにはシングルスで世界ランキング16位以内に2人が入る必要がある。日本勢は出場枠を取った選手が五輪に出場する。

 女子シングルスの現在の世界ランキングで山口茜は3位で、4位に奥原希望(...    
<記事全文を読む>