バドミントン女子シングルスで2大会連続の五輪出場を目指す山口茜(再春館製薬所)が31日、拠点の熊本県益城町で練習を公開した。昨年後半は腰痛などに悩まされ不振だったが、今年1月下旬のタイ・マスターズで約半年ぶりにワールドツアー大会を制覇、復調への手応えを実感した。残り3カ月を切った東京五輪代表争いで山口は出場が有力で、池田雄一監督は五輪で上位シードを確保するためにも現在3位の世界ランキングの死守をノルマにした。

 今年初めて本拠地に帰ってきた山口は吹っ切れていた。直前に行われたタイ・マスターズで優勝し約半年ぶりにワールドツアーを制覇。「一本一本を集中した結果、思い切り良くプレ...    
<記事全文を読む>