兵庫県など関西を中心に開かれる生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」のエントリー開始(2月1日)に合わせたイベントが31日、大阪市内であった。元バレーボール女子日本代表監督の柳本晶一さんによる記念講演などでスポーツの魅力を発信した。

 大会はおおむね30歳以上を対象に4年に1度開かれ、アジア初開催となる。2021年5月14~30日に公式35競技59種目(兵庫県開催11競技15種目)が行われる。

 柳本さんは「どん底でどう力を発揮するか」をテーマに講演。日本代表の低迷期に監督に就き「世界のトップを狙う」と明言したことを振り返り、...    
<記事全文を読む>