カーリング女子の中部電力は31日、北佐久郡軽井沢町の軽井沢アイスパークで記者会見を開き、連覇を狙う日本選手権(2月9〜16日・軽井沢町)に向け、フォース北沢は「今季から北京五輪への切符が懸かる。他のチームに負けず、自分たちの試合をできるように頑張りたい」と抱負を語った。

 1月21日まで約2週間スイスとスコットランドに遠征。昨年12月の軽井沢国際選手権は氷の状態を安定して読めないという課題が残ったものの、遠征で意識的にコミュニケーションを取り合い、サード松村は「全員で一投を決めることに集中してやってこられた」と改善しつつある様子だ。

 北京五...    
<記事全文を読む>