東京五輪のマラソン男子代表の残り1枠を懸けた3月1日の東京マラソンに、昨秋の代表選考会(MGC)に出場した山本憲二(マツダ)、岡本直己(中国電力)、藤川拓也(同)の広島勢3人が臨む。五輪切符には日本人最上位で2時間5分49秒以内の日本新記録が条件。代表を狙う山本憲をはじめ、三者三様の思惑で高速レースに挑む。

...    
<記事全文を読む>