一九六四年の東京五輪や過去のパラリンピックと東大和市との関わりを示すメダル、写真などを集めた企画展が、市役所一階市民ロビーで開かれている。八四年のパラリンピックに出場し、陸上競技で金メダルを獲得した市障害福祉課長の小川則之さん(59)の活躍も紹介している。二十八日まで。

 (服部展和)

 八四年のパラリンピックは、米国ニューヨークと英国ストークマンデビルの二カ所で分離開催。二十四歳だった小川さんは、英国で行われた車いすの陸上競技五種目に出場し、男子スラロームで金メダルを獲得した。

 スラロームは、ピンが置かれたコースで車いすを前進、後進させ、ピンの間を擦り抜けなが...    
<記事全文を読む>