東京五輪の男子マラソン代表の残り1枠を懸けた東京マラソン(3月1日)に挑む設楽悠太(ホンダ)が16日、熊本市内で熊日30キロロードレースに臨み、1時間29分47秒で初制覇した。

 マラソンの前日本記録保持者にとって、この大会で松宮隆行が出した30キロの日本記録1時間28分0秒の更新を期待されていただけにタイムは平凡だったが、東京マラソンで目指す2時間4分台の大記録の可能性も感じさせるレースになった。

 雨が打ちつけ、体を冷やし、向かい風が行く手を阻む悪天候。最初の10キロは29分20秒と30キロの日本記録を更新するペースを刻み独走態勢を築いたが、15~20キロの...    
<記事全文を読む>